ushiyaDevLog

iPhoneとかMacとか、家電とか、筋トレとか、なんか色々になりました

Chromebookが超個人的に熱いので考える

      2015/01/10

国内で正規に販売されるChromebookも少しづつ増えてきましたね。海外では超格安に販売されているChromebookですが、国内ではそこそこの値段がつけられてます。それはまさに、ちょっと前のNetbookの再来の如き価格設定されている「Windows with Bing」のCeleron搭載機と同じ価格帯です。迷いますよね。Windowsだとフリーソフトも沢山あるし、なにより、使い慣れてるし。

とはいえ、現在最新のWindowsの操作は若干違うようなので、慣れるまで案外大変かも、と、知り合いのWindows8.1を触った時に感じました。

ということで、買うまでに調べたり考えたりしたことを書きます。

で、ChromeOS

OSは基本的には慣れれば問題なし。複数のOSを同時進行で使わない限り慣れるのにそんなに時間はかからないでしょう。毎日使えばですが。操作感はWindows7までの操作感とは大幅に違うことはないと思いますが、どうでしょう。

そのOS搭載のChromebook

ChromeというブラウザベースのOSと言われてもピンとこないですよね。ということで、新しいOSと思うだけでいいのです。ネットに繋ぐことを大前提としたOSで、ネットが無いと話にならないOS、という風にとらえた方がいいのかな。ネット無しでも使えるソフトもあるのですが、ダウンロードしないといけませんからね。

ちなみに、ChromeOSはLinuxベースのOSです。

一番気になる事はメリットとデメリット

メリット

起動が速い

ストレージがハードディスクではないということもありますが、根本的にシンプルなOSなのでWindowsに比べると速いのは当然といえば当然ですね。

動作が機敏

これまたシンプルさゆえのことですね。ただ、基本的にWebアプリを使うことになるので、接続環境にもよります。

Google Driveのおまけ付き

100G程のおまけが2年間付いてます。

デメリット

オフラインでどの程度使えるのかが分からないけど、その点を除けば今のところ特に思いつくデメリットはないです。

何に使えるのか

GoogleのWebアプリ、いわゆる、カレンダーやらドキュメントをメインに使えば、というより、すでにそれらをがんがん使ってる場合には特に有用なパソコンではないかと推測します。

が、自分の場合はどれも使ってないので、そういう人の使い道は無いかということを調べます。

使い道

Webブラウジング、メールのチェック、ブログの編集などが主な目的になる予定です。

ただ、拡張機能でGimpがあったので、それらを使って何かできるといいなあ。あとは、FTPクライアント的な何かが見つかればもっと自分のしたいことができます。マークアップエディタやHTML5エディタなどはWebアプリでも素晴らしいのがあるので、その点は問題なく使えるかと思います。

注目中のAcer c720/2

Amazonで国内正規品で30000円弱(執筆時)で買えるChromebookです。Asusのオンラインストア限定モデルも気になりますが、メモリが2Gです。量販店モデルは4Gですが、高すぎます。

海外ではChromebookは相当安いのに、なぜ日本ではこんなにも高いのか。市場ができたらやすくなるのかなぁ。

東芝は海外でしかChromebook出してないし。。。

感想

いよいよ買う気満々になりましたので、c720/2を買おうと決めました。ChromeOSでは事足りないのであれば、ubuntuを入れてしまえばいいかな、とかも考えた上での結論です。

ということで、この記事を書きながらc720/2を購入したので、次回はレビューを書きます。

 - Gadget ,