ushiyaDevLog

iPhoneとかMacとか、家電とか、筋トレとか、なんか色々になりました

楽天でんわを使って分かった考えるべき点

      2014/01/14

自分の番号が相手に表示される格安通話サービスの楽天でんわを使っています。通話品質は満足できるものです。IP電話とはシステムが異なるので、普通の電話の品質です。

通話料を確認したらびっくり

利用開始以来初めて通話料を確認したのですが、本当にびっくりしました。先月はそんなに電話で話をして無いと思ってましたが、2100円分も話しているではないですか。そんなにも?と思い詳細を確認すると、通話時間1秒というものがたくさんありました。

1秒しか通話しなかったのは?

普段電話で話をする時、長い時はかなり長くなるのですが、だいたいは5分以内です。なので、1分以上5分未満の通話時間がリストにずらっと並んでいました。が、それらと同じかそれ以上に1秒というのが沢山ありました。電話番号を見てみると、、、分かりました。留守番電話でした。留守電になりがちな相手の番号ばかりでした。

留守番電話の時の料金

むむむ、と思ってちょっと調べてみました。楽天でんわを使ってなかった頃の通話料金を確認しても、通話時間1秒などというのはほとんどありませんでした。とはいえ、留守電になりがちな相手にも掛けているし、そもそもそれ以外の相手でも留守電にならない確率の方が低いので、楽天でんわ利用前は留守電に繋がらなかってのでは?ということはありません。

キャリアの場合

docomoの携帯にかけて相手が出られなかった場合、「留守番電話センターに接続します」というアナウンスが流れます。その後、留守番電話センターに回されます。各キャリアでの通話の場合はアナウンスの時点で電話を切れば料金はかかりません。AllAbout

楽天でんわの場合

お察しの通りで、アナウンスの段階であれ有無を言わさず課金されます。これはマイライン的なサービスである楽天でんわでは仕方がないのですが、利用料金を確認するまでは全然気がつきませんでした。キャリア通話の場合はアナウンスの段階では通話扱いにならないのですが、楽天でんわ経由ではアナウンスに到達した段階で既に楽天でんわを経由しているので料金が発生するということでしょう。楽天でんわに問い合わせ確認したのではないのですが、実際の通話料の詳細と、楽天でんわのシステムを考えるとこういう結論になりました。

どうやって節約するかは電話をしないこと

料金を確認すると、1秒でも10円かかります。10回の留守電アナウンスを聞くだけて100円かかります。これはおっきいですね。とはいえ、電話をかけるまでは留守電になるかどうかはわかりません。メールで「今から電話をかけるから、すぐに出れるなら返信して」などとし、返信があれば電話をかける。というのは現実的ではないですよね。かと言って、キャリア通話で掛けて留守電にならずに相手が出た時すぐに掛け直すというのも、相手によっては出来ませんよね。

それでも少しでもお得感が欲しい

楽天でんわを使う理由は、通話料金がやすいからです。でも、留守電の時のアナウンスに10円も払いたくありません。では、どうしたらお得に電話をかけれるのでしょうか。それには細かく利用詳細を調べて、キャリアでの通話の場合と比較し、キャリアの方が安いならキャリア通話をするというようにしないといけませんね。また、この人とはいつも長くなるから、たとえ留守電になろうとも楽天でんわでかけようという使い分けも大切です。

個人的結論

留守電になりがちな相手で、話は長くならないのがわかっている場合はキャリア。話が絶対に長くなる相手には楽天でんわ。出るか出ないか分からない友達の場合は、キャリアでかけて長くなりそうなら楽天でんわでかけなおす。出るか出ないか分からないその他の場合は直感で選ぶ。締まりのない結論ですが、こんな感じで使ってみます。

感想

基本料金無料の楽天でんわは契約しておくと、時にはお得に通話できる。けど、留守電の事を考えると絶対的にお得なサービスではない。かな。

 - iPhone, Other