ushiyaDevLog

iPhoneとかMacとか、家電とか、筋トレとか、なんか色々になりました

DIY Windows

Pentium G3220のベンチマークとRyzen5 2400Gのベンチマークの比較とFFXVの結果

更新日:

ただただ単純にCPUを載せ替えたわけではないので純粋なCPU比較ではないですが、CPU、MB、メモリの交換でどのような結果になったかを書きますね。

WINSATCrystalMarkFFXVのベンチ結果です。

WINSAT

旧型 Pentium G3320

新型 Ryzen5 2400G

英語と日本語ですが、記載内容はうえから同じです。
CPUの差はそれほど大きくないですが、グラフィックの強化が大きいですね。

CrystalMark

旧型 Pentium G3320

新型 Ryzen5 2400G

FFXV

旧型 Pentium G3320

新型 Ryzen5 2400G

感想

数世代違った上にメーカーも違うパーツ交換でしたが、数値的には劇的向上はないですが、体感の差は大きく感じました。起動時間が早くなったり、アプリを複数実行してもCPUが辛そうでなかったりを感じます。メモリの量が大幅に増えたことも影響が強いと思いますが、コア数やスレッド数の増加はやはり大きいですね。

ゲームをする予定はないのですが、一応チェックしてみました。

[追記: 2019.12.26]
動画エンコードで使用するCPUの数を4から8にしたら、エンコード速度はちゃんと倍に近くなりました。こういった設定ができるソフトウェアがある場合はしっかり設定するといいです。
[追記: ここまで]

AD

[広告]

AD

[広告]

-DIY, Windows

Copyright© ushiyaDevLog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.