ushiyaDevLog

iPhoneとかMacとか、家電とか、筋トレとか、なんか色々になりました

Other

加湿器の水垢を取ることが簡単にできました

投稿日:

冬場に活躍する加湿器。沸騰させるタイプの加湿器なので、1シーズンでもまあまあ水垢が付きます。

毎シーズンそれなりには掃除してたのですが、今シーズンはいつもより水垢が多かったので、本気で水垢を取る事にしました。

水垢を取るにはクエン酸

クエン酸で水垢を中和して取るのです。油汚れを重曹で掃除するようなもです。

ただ、水垢は超こびりつき汚れなので塗って拭くだけでは取れません。

あらかじめ写真撮るのを忘れてたので、クエン酸投入後の写真です。手前の白い粉がクエン酸です。
ひどい汚れですね。。。

今回は200mlに対し小さじ1で使用しました。(使用に際してはお手持ちのクエン酸の使い方欄を確認ください。)

それにしても水垢がガピガピですね。。。

付け置きした後

クエン酸の分量は多めにしました。水に溶ける量は限りがあるのですが、水垢と反応して中和が進むと、多めのクエン酸が役にたつかなとか思ったのですがどうでしょう。

一晩置いておく予定でしたが、なんやかんやで二晩置きました。付けてすぐは数時間毎に少し水を動かす程度にかき混ぜたりしましたが、その後は放置しました。

汚れた水のまま軽く水を動かしてから水を捨てただけの様子です。

すごく取れてます。水も白いカスやら黒い汚れやらで超汚かったです。

せっかくなのでしっかりこする

ここまで綺麗に取れたのだから、あと少し頑張って見る事にして、ちょっと粗めの薄いスポンジ状のものでこすりました。

こんなに綺麗になりました。

他の汚れも取りたかったので台所洗剤で磨いたので、すすぎも5回以上しました。

注意すること

電子部品、電気機器には水厳禁。

ですので、慎重に作業する必要があります。特にすすぎの時に水がかかる確率が高くなるので要注意です。
加湿器によっては排水の向きを指定してあるので、そこから水を捨てるとよいでしょう。

参考にならない余談です

自分は加湿器が安かったという事で、なるべく電気部品には水がかからないようにして作業したあと数日かけて天日干しします。直射日光と高温も電気部品に良くないので注意が必要ですが、しっかり水気を取り除いてからしまいたいのです。

携帯を水没させてしまったけど、シリカゲルとかで完全に乾燥させてから電源を入れたら携帯が復活したというニュースを参考に、濡れたとしても通電しなければ壊れにくいのねと勝手に思って上記のような作業をしてます。

とにもかくにも、錆びる等の劣化も起こりうるので、電子部品、精密部位には絶対に水がかからないようにしましょう。

感想

クエン酸を知る前はガリガリ削ってましたが、こんなに綺麗には取れませんでした。

今回の作業は簡単な上に効果的なのでとても良かったです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-Other

Copyright© ushiyaDevLog , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.