Other

SSLのWordPressサイトのレンタルサーバーの引越しのコツ

更新日:

SSLを設定しているWordpressサイトの引越しで手間取ったので、ちょっとしたコツを忘れる前に書いておきます。

SSL認証がとれるまではHTTPSで接続するとブラウザエラーがでます。それを防ぐための方法。

SSLを申請するときはネームサーバーを変更しておかないといけないのですが、ネームサーバーを変更すると新しサーバーのWebデータが表示されます。

SSLは申請してもすぐには反映されないので、WordpressがHTTPSで接続する設定では上述の通りエラーが出ます。

ということで、SSLが反映されるまでの間はWordpressのサイトアドレスをHTTP接続にしておく必要があります。リダイレクトでHTTPSになるようにしてある場合はリダイレクトしないようにする必要があります。

今回はエックスサーバーWordPress簡単移行サービスを使ったのですが、移行する前にWordpressの「設定」のサイトアドレスをHTTPにしないと、移行後ネームサーバーの変更が浸透した後はログインすることができなくなりました。

それでもFTPwp-config.phpHTTPアドレスを指定できたので、HTTPを指定してWordpressにログインしてサイトアドレスを変更しました。

少しの間もHTTPにしたくない場合は、ネームサーバーを変更せずにDNSを設定する方法があるようです。

Xserverのマニュアルの下の方の「外部ネームサーバーでDNS認証を行う場合」というところに説明があります。

試してないのでどのような感じか分からないのですが、サーバーを変更する必要が出た場合は試そうかと思ってます。移行前に知ってたらよかった。。。



AD

[広告]

AD

[広告]

-Other

Copyright© ushiyaDevLog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.